ホーム » 白髪

白髪」カテゴリーアーカイブ

白髪が増えて憂鬱になる

子供の頃から髪の毛がサラサラで、うねる事もなく、まとまりのよい髪質をしているのですが、
唯一の悩みが白髪です。

20代の頃からチラホラと発生してきました。
30代で出産した後から一気に増えだし、40代の今では白髪染がかかせなくなりました。
特に、前髪やこめかみの当たりにたくさんあり、鏡で見るたびに憂鬱な気分になります。
白髪専用のサプリメントを飲んだり、インターネットで評判の良いシャンプーやトリートメントを試したり、
頭皮マッサージを行ったりしていますが、減る気配がありません。

ボタニカルエアカラーフォームの効用とレビュー!

2か月に1度は美容院でカラーリングを行い、そのほか気になるときには、自宅で根本のみ染めたり、
費用がばかになりません。
その分の費用が浮いたら、おいしいもの食べたり、お洋服を購入したりできるのになぁと思うことがあります。

せっかくきれいな髪の毛だったので、カラーリングを繰り返していることで、
どんどん傷んでパサついてきた気がします。

私の母やおば、いとこも白髪が多く、白髪家系のようです。
年を重ねるごとに自分の姿と重なり、なんとも言えない気分になります。

同年代でも白髪のない友人がほとんどで、老け込んでしまった自分が嫌になりますが、
息子のためにもヘアケアを継続して、少しでも白髪が増えないように頑張りたいと思います!

髪の毛の癖と薄毛の悩み

私の髪の毛はかなり強い癖がある。全体ではないが、前髪とうなじの部分の癖が強い。ボタニカルエアカラーフォームの口コミ&評価!販売店で市販されている?

この癖毛に長年悩まされてきた。例えば朝髪の毛をワックスなどでセットしても、水に濡れたり、汗をかいたりするとすぐくるんとしてしまう。厄介なのは、雨の日である。たとえ雨に濡れなくても湿気のせいで癖毛がコントロールできなくなる。高校生時代は、毎朝アイロンで髪の毛の癖をとるようにしていた。

しかし、雨の日の前髪の癖毛が強すぎて、友達に「モーツァルト」というニックネームをつけられたことは今となっては笑い話であるが、当時はとても嫌だった。大学時代は基本的に縮毛矯正をしていたが、ひとたびそれをやめると再び強い癖毛に悩まされた。うなじの癖毛については、髪の毛が全体的に真ん中によっていってしまう。後ろから見るとまるでセミのようである。

散髪に行くとすぐに後ろの毛の癖のことを指摘される。

そのため、髪の毛を切るときはいつも、後ろの髪の毛だけ少し長めに残している。それ以外の部分はさっぱりと短く切っていたので、後ろの髪の毛だけ長く、いつもバランスが悪くなってしまう。後頭部の髪の毛に癖がない人を見るとあこがれすら抱く。いつか自分も癖のない髪の毛になり、自由に髪の毛をスタイリングできたらいいなあ、と切に願っている。