20代からの白髪に悩む

漆黒の直毛が自慢の私だったが、黒々とした頭に1本の白髪を見つけたのは26歳の時。最初はとてもショックだったものの「白髪は抜いたら増えるぞ」というどこかで聞いた言葉を思い出し、鼻毛カット用のハサミで伸びたら切るを繰り返していた。30になる頃には白髪の本数が何倍にも増え、34歳の今、2日に1回は至る所から現れる白髪の処理に追われている。頭には常に短い髪の毛がツンツンと飛び跳ねており、なんだかダサい。

マイナチュレカラートリートメントで白髪を染めて感じたメリット

白髪には黒い食べ物が良いと聞き、毎日黒ゴマを食事に混ぜて食べたり、頭を指で叩き刺激を与えるなど試しているが、今のところ効果は無い。

先日、美容室で20代のスタッフさんに白髪について聞いてみたところ、「白髪はもう全体的にグレーにしちゃうのがお勧めっすね」との事。白髪を黒く染めても茶色になってまだ黒髪の部分とのバランスがおかしくなるそう。確か昔、職場の上司に頭が斑模様になっている人いたな・・・近い将来自力の処理が追い付かなくなった時にはグレーに染めようと思う。いや、もうグレーを超えて全体的に白髪になるのもいいかも。ホワイトヘアはどんな色の服にも合うだろうし、とても上品に見える。

まだ鼻毛カットハサミは手放せないけれど、先は明るい。