私の夏の匂いケア事情。

私があせについて気になり始めたのは、中学生の時でした。それまでは子供だったので、いっぱいあせをかいてもとくに気にしていませんでした。ところが、中学に入り部活が運動部に入ったのでたくさん汗をかいているという状態がとても気になるようになったのです。

プルーストクリーム

周りの友達は、みんなエイトフォーやシーブリーズといった中高生がよく使う匂いケアの商品を使っていました。私も同じようにシーブリーズを使ったり、汗拭きシートを使ったりして対処してました。高校に入ってからもこのケアで問題はありませんでした。

ところが、大学生になるとわきの朝が気になるようになりました。歩いて駅に行って、電車に何時間も乗り、またそこから歩いて学校に行っていたので、夏場などは汗がびしょびしょになってしまうようになりました。

そこでわたしは、日傘を使って暑さを紛らわす、冷たいタオルを持っておく、身に扇風機を使いながら歩く、電車の待ち時間はすぐに汗拭きシートで汗をふくか、タオルで汗をこまめに拭くようにするということを心がけました。すると、夏場汗をかいて困るということは以前よりも少なくなりました。初めは困っていましたが、なんとか対策できるようになったのでよかったです。完全に良くはなりませんでしたが、工夫すれば改善される可能性が期待できると思います。