夏場の靴の臭いが苦手です。友人のアドバイスを信じてみました。

 梅雨になり、夏になり、靴や靴下の臭いとむれが気になる季節になりました。消臭効果がある靴下の商品を買うようにはしていますが、何回も洗濯していると、銅イオンや銀イオンの殺菌効果よりも、自分の臭いの方が勝ってしまうみたいです。靴下を1日に何回か履き替えたらいいのでしょうが、脱いだ靴下をバッグの中に入れておくのは、気持ちがよくありません。本当に困っていました。

薬用スクラボの効果と私の口コミ!

 足の汗を吸い取りやすいように、綿のものを選んだ方がいいと、水虫など足のトラブルを経験したことのある友人にアドバイスを受けました。綿の靴下だと、冬場、温かいので5本指のものを持っていました。足の指に密着するので5本指の靴下は、夏には向かないのではないかと思っていましたが、友人によると、指と指の間の汗を吸ってくれるから、気持ちがいいと言っていました。汗をしっかり吸い取ってくれたら、むれをあまり感じないかもと思いました。綿の5本指の靴下を使ってみることにしました。

 綿の5本指の靴下の使い心地は、確かに汗を感じることがなくてよかったです。でも、臭いが気になるので、消臭効果のあるインソールを、合わせて使っています。また、靴自体の乾燥が消臭には大切だと思うので、濡れていなくても、靴の中に靴用乾燥剤を入れるようにしました。靴下に気を使うようになり、乾燥剤も使うようになってから、シューズ棚や玄関の臭いが、この季節なのに、あまり気にならなくなりました。