ホーム » スキンケア » 乾燥肌との闘い

乾燥肌との闘い

私は乾燥肌だ。突っぱらない洗顔フォームとやらを使っても、浴室から出るとすぐに肌はカピカピになるし、冬にはオイルが手放せない。学生時代は何も手入れをしなかった。

ビューティーオープナージェルの効果と私の口コミ!店舗での市販状況などもお伝え!

きっとそのツケが大人になってから回ってきたのだろう。今思えば後悔しかない。

ツケが回ってきたと気づいたのは、社会人一年目の時だった。いつも使っているファンデーションを塗った時、私の肌はまるでこふき芋のようになった。頬全体にかけて白い粉が浮かびあがり、指の腹で伸ばそうとしても、ダメなら爪で引っ搔いてみてもびくともしない。仕方ないから新しくファンデーションをつけるのだけども綺麗に伸びない。

接客業をやっている手前、こんな顔で客前に出れない。とても恥ずかしいと思った。

その時初めて携帯で化粧水について調べた。それも乾燥肌専用の物を。何の成分が肌にいいのか。徹底的に調べあげた。気になったらとことん追求する性格だ。

この時から私と乾燥肌との長い長い闘いが始まった。化粧水の後に乳液必要か問題、クリーム併用した方がいいのか問題、さっぱりorしっとりの化粧水どちらを使うべきか問題等、様々な場面に直面し頭を悩まされた。そんな生活を続ける事数年。当時の頃よりは肌悩みは改善され、友人に「肌が綺麗」と言われるまでになった。だがしかし、夏にもオイルは欠かせないほど、未だに私は乾燥肌に悩まされている。きっと私と乾燥肌との闘いはこれからも続くのであろう。