ホーム » ヘアケア » 髪についての悩みは年代ごとにちがいました

髪についての悩みは年代ごとにちがいました

わたしは、髪には昔から今まで、年代ごとに悩みがありました。プレミオールスターターセットはどの通販サイトが最安値?使用した効果やアラサー主婦の口コミなどを全紹介!

まず、小学生のときはストレートだった髪が中学生になり急にうねりはじめたことです。

当時の私にとっては、かなりのコンプレックスでした。

毎朝のようにストレートアイロンをかけるのが、それはもう面倒くさかった記憶があります。

髪のくるくる感は、天然パーマとはいえないけれど中途半端にクセがついている感じでした。

年齢を重ねると徐々にクセがなくなっていき、30代には気にならない程度になったので、ストレートアイロンを手放すことができました。

しかし、うねり髪の悩みが解消されると、30代前半には新たな悩みが生まれました。

白髪です。

白髪が多くなり、2月に1回は染めなければならなくなりました…

36歳になると、白髪染めの副作用もあってか、かなり髪のボリュームが気になりはじめました。

とくに気になってしまうタイミングはお風呂あがり。

ドライヤーで髪を乾かしていると、指先が髪に触れますよね?

そんなとき、「以前よりボリュームなくなってきたな…」と凹んでしまいます。

「みんな薄くなるんだから仕方ない!」と自分に言い聞かせながら、今日も整髪料で若干フワッとさせてごまかしています。

これからさらにボリュームダウンすることを考えると、なにか対策をしておきたいところですね。

髪の悩みは年代ごとにちがうということを頭の片隅に入れておいてもいいかもしれません。