ホーム » ダイエット » 車いすでも、できる有酸素運動、無酸素運動

車いすでも、できる有酸素運動、無酸素運動

健康を保つには、食事、睡眠、運動を適度にするとよいと言われています。
食べ物の誘惑、不規則な生活、運動しないと体全体に悪影響をもたらします。
そのためには、運動が必要になります。リサーチしてみると、2種類の運動があります。

グラマラスパッツ

運動には、有酸素運動と無酸素運動があります。テレビ番組でも「健康」をテーマにした回でやっていたのをみました。有酸素運動と無酸素運動のちがいは、体の酸素を使うか、使わないかでわかれるということになります。有酸素運動は、長時間エネルギーを出すことによって、体内の脂肪を燃えやすくします。その代表的な運動は、水泳、ジョギング、エアロビクス、ヨガなどです。
無酸素運動は、筋肉に対して大きな負荷を短い時間に集中してやります。全身に力を入れるので、息が上がりやすくなります。代表的な運動は、筋トレ、短距離です。そのために有酸素運動と無酸素運動を交互にするとよいと言われています。

無酸素運動は、主に筋肉を一気に動かせる運動です。車いすでも、できる運動方法を紹介します。筋トレのやり方ではベッドサイドや手すりにゴム状の紐を縛り付けていろんな方向に引っ張ることです。紐を引っ張ることで上肢を鍛えられます。腕を頭の上まで持ち上げること、腕を横に広げること、チューブを引っ張りながら体をひねる、このような運動をすれば、無酸素運動になります。ダンベルは、手に持って持ち上げます。握力がない人は、手首にかけて運動するとやりやすいです。または砂袋でもよいです。1kgから初めていくのが、長く続けられます。まだ、私はやっていませんが、やってみたいです。

有酸素運動は、主に酸素を体全体にまわして、動かせて脂肪を燃焼させます。車いすでは、体を全体に動かせることが難しいです。丹念を集中させ、腹式呼吸することだけでも有酸素運動になると知人にアドバイスをもらいました。数年前、話題になった「ロングプレスダイエット」も腹式呼吸することで体を燃焼させる運動で車いすでもできます。
ユーチューブで「チェアロ」という椅子に座ってできるエアロビクスもあります。エアロビクスは、音楽に合わせて体を動かせるので、楽しくできます。私は、車いすダンスをやっています。いい運動になっています。
有酸素運動と無酸素運動を合わせてやると体全体の機能が向上します。コロナ禍だからこそおすすめしたいです。